よくある質問

次亜塩素酸水(酸性電解水)ってなんですか?

塩化ナトリウム水溶液を電解することにより得られる、次亜塩素酸を主成分とする水溶液です。

厚生労働省のホームページに記載されておりますが、モノに対しての消毒・除菌効果があると認められております。

 

次亜塩素酸水の殺菌力は、アルカリ性の薬品に比べて20~80倍も強力です。

低濃度でも十分な除菌力を得られるので安全かつ薬品のニオイ残りもありません。

除菌効果だけではなく消臭効果も期待されております。

 

また、アルコールや漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)と違って建材を傷めないのが特徴です。

 

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム(漂白剤)は同じものなの? とご相談があります。

名前が似ていますが、まったく異なる物質です。

次亜塩素酸ナトリウムはいわゆるキッチンや洗濯などで使う塩素系漂白剤となります。

一般に流通している家庭用の塩素系漂白剤は、pH  13 程度でアルカリ性に該当しますので、

手に触れると肌荒れしたり、刺激臭もあります。

酸性の薬品を混ぜると塩素ガスが発生するので取り扱いに気を付けなければいけません。

 

それに対して次亜塩素酸水はPH2.7~5.0 で弱酸性ですので、

人体に悪影響を及ぼさないと言われています。

美容用品でも弱酸性の製品が多く販売されていますね。

 

当社は次亜塩素酸水を生成する機械を導入してますので、

品質を保った状態で使用させて頂いておりますので、ご安心ください。

https://www.techcorporation.co.jp/lp/

記事:『当社は「次亜塩素酸水」を使ったエアコンクリーニングを行なっております。』